【初心者向け】Androidアプリ開発まずなにする?

Android アプリ開発

Androidアプリ開発をしたい!けどまずはなにから始めたらいいの?という方向けの記事です。
Androidアプリ開発はiOSアプリ開発に比べて

  • ストアに開発したアプリを置く際の基準がiOSより低い
  • アプリ開発にかかるお金が安い
  • 世界的にみるとAndroidのモバイルOSのシェアは約70%

などという理由から、これからネイティブアプリ(いわゆるスマホにインストールするようなアプリ)の開発を行うという方にはAndroidアプリ開発はとてもオススメです。

それでは、なにから始めればいいのでしょうか?
参考書を買う?いいえ、まず本を買ったりスクールに入ったりする前に最初にすべきことがあります。

Android Studio

こちらの記事は、2020/11/06 に書かれた記事です。現在の公式サイトのデザインが変わっていたりする可能性もございますのでお気を付けください。

Androidアプリ開発では基本的に Android Studio というIDE(統合開発環境)を使用して開発を行っていきます。

こちらのAndroid Studio は無料でインストール、利用することができます。

まず、こちらのサイトに移動し、上のタブのところで “Android Studio” をクリックします。

そして、下の方にスクロールしていくと、“Android Studio downloads” という項目があると思うので、そちらでお使いのPCに応じてPlatformを選択してAndroid Studio のダウンロードを行ってください。

ダウンロードが完了したら、そのファイルを開き、お使いのPCに合わせて手順に従ってインストールしていくと
Android Studioのインストールが完了します。

さあ、何から勉強する?

インストールが完了した方はとりあえず起動してみようと思って起動してみたかもしれません。
しかし、どうですか?まったく使い方がわからないはずです。

まずは、Android Studio の使い方などの基礎的なことを知らなければなりません。

そのとき、実際私がどうしていたかというと、とりあえず、本を買いました。これが良くなかった。
本にもよると思いますが、その本はとにかく、あーしてこーしての操り人形でした。

その通りにやれば同じ実行結果がでるのですが、それでは何も見につきません。
それはAndroid Studio の使い方などの基本がわかっていないので当然です。

そこで、いろいろウェブサイトやほかの本などをみて勉強した結果ここが結局一番わかりやすかったです。
こちらAndroid デベロッパー の公式サイトです。

そう、さきほどAndroid Studio をインストールしたサイトです。とにかくインストール終わったから本とか他のウェブサイトで勉強しようと思う方は自分以外にもいると思いますが、ちょっと待ってください、公式のドキュメントをまずみましょう!

それは、さきほどのサイトから、“ユーザーガイド” を開いたら見れます。

まずは、ここをちゃんと読みましょう。

これまで、独自の解説をしているあらゆるウェブサイトや入門書をみましたが、結局ここが一番だろうなとおもいます。公式がわかりやすい使い方の説明をしてくれています。

自分はこのユーザーガイドを最後まで読んだらとてもわかりやすく、スッキリ使い方がわかりました。そこからウェブサイトや本でいろいろ調べたりという勉強を始めました。今では最初に本を買うのではなくまず公式の無料ドキュメントをみておくべきだったなと思います。

終わりに

ここまで、見てくださってありがとうございました!
この記事を読んで、「なんだ、当たり前のことじゃん」と思った方も多いかもしれません。

これはもちろんAndroid Studio に限ったことではないと思いますが、公式が使い方の説明を用意していることがほとんどですので、早とちりして他のサイトで調べたりなどせず、まず公式のドキュメントを読むのが一番大事だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です