【PS4】FPSフリークって実際どうなの?

FPSフリークとは?

FPSフリークというのは、主にプレステ4やSwitchなどのCS(コンシューマ機)でゲーム(主にFPSゲーム)をプレイしている人がコントローラ本体に付けるアタッチメントの一つです。

アタッチメントにはFPSフリーク以外にもエイムリングなどがあります。
今回は、その中でもとくに有名で人気なFPSフリークについて実際に使用しているプレイヤー目線で解説していきます。

実際に使ってみて

僕はFPSゲームをPS4でプレイし始めて4年ほどで、FPSフリークをつけるようになってから今に至るまでで3年ほどになります。
実際に使っているのはこちら、FPS Freek Vortex というものです。

僕がこれを付け始めたのは、Overwatch(FPSゲーム)をプレイし始めたころです。
Overwatch はPS4版でプレイするにはキャラにもよりますが相当エイムが難しいゲームとなっています。
(特に、マクリーやソルジャーなど…)

そこで、どうしてもエイム力を上げたいと思い使用し始めたのがこちらのFPSフリークになります。
(ずっと使っているのでスティックの部分が色褪せています。笑)


実際に使ってみていえることは、

  • 明らかにエイムはしやすくなる
  • いったん慣れてしまうとなしではゲームが出来なくなる

といったことです。

エイムがしやすくなる理屈はスティックの高さにあります。
フリークを付けるとスティックが格段に高くなるので精密で細かいエイムができるようになります。

その上、スティックが高くなるので、スティックの可動域が広がり、高感度でプレイできるようになります。
高感度でプレイできるとFPSで後ろから撃たれた時などの振り向きが早くなるなどのメリットもあります。

そして、使い始めは慣れるまで時間がかかるのですが、慣れてしまうとなしではプレイできなくなります。笑
なので、友達の家などに行って他人のコントローラでゲームをしようとすると違和感がすごいです。

買うべきなのか?

実際に買うべきかどうかですが、使ってみたことがない人は試しに使ってみるといいかもしれません。

値段もそこまでしない(大体相場は1000円くらいです。)ので試しに買ってみるのもアリです。
上の画像にあるVORTEXというフリークがおそらく一番有名で人気のものだと思いますが、当時は980円ほどで買うことが出来ました。
しかし、今ストアを見てみるとどこもだいたい1480円くらいで売っていてびっくりしました。
(ここ最近で人気になり価格が少し上がっているのでしょうか…)

ちなみに、フリークを買う方にオススメなのは右スティックだけフリークをつけるということです。
これは、割とフリークを付けているプレイヤーの中では一般的です。

なぜ左は外すのかというと、ほとんどのFPSゲームにおいて左スティックに割り当てられている操作は[移動+ダッシュ]なので、
細かい操作を必要としないというのが理由です。そのため、つけていると邪魔になってしまうのでエイムをする右だけにつけるという方が多いです。

終わりに

ここまで見てくださってありがとうございました。

FPSフリークは安くてコントローラに簡単につけられるのでもしFPSをやっていて自分のエイム力に満足していないという方は試しに使ってみるのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です