ネットでよく使われる「沼」の本当の意味とは?【その他】

「沼」というネットスラング

最近、ネットを見ていると「沼」というワードをよく見かけます。

しかし、実際の意味や語源を理解せずに使われているシーンをチラホラ見かけます。
このワードの語源を知ると軽い気持ちでは使えなくなるかもしれません。

今回は「沼」というネットスラングについて解説していきます。

実際に使われている「沼」の意味

誤用とまではいいませんが、もともとの意味とは異なった使われ方をしている場合によく使われているのが

趣味などに熱中・没頭して、もはや抜け出せなくなってしまっている、といった状況

この意味で使われている「沼」です。

あのN〇Kですらこの意味で使われており、そんな言葉N〇Kが使っていいの!? とビックリしました。
さらに別の番組でも、その番組に若者代表として出演していたタレントも「沼」の意味をこのように解説していました。

本来の「沼」の意味と語源

それでは、本来「沼」はどういった使われ方をしていてどのように浸透した言葉なのでしょうか。

実はこの言葉は“2ちゃんねる”などのインターネット掲示板などで流行ったインターネットスラングです。
この言葉はネットにおいて、他人に対して遠回しに「知的障碍者」と揶揄する際に使われてきました。

具体的には、

知的障碍者(ちてきしょうがいしゃ)→知障(ちしょう)→池沼(ちしょう)→池沼(いけぬま)→沼(ぬま)

という流れで現在の「沼」という形になりました。

本来の意味を知ると…

この単語の本来の意味や語源を知ると、容易に使っていい言葉ではないことが分かります。

「沼」という言葉使う際には本当に使っていい言葉なのか気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です