【初心者向け】ペンタブが欲しいけどどれを買えばいいの?|One by Wacomの紹介【ペンタブ】

これからお絵かきを始めたい方へ

今回は、これから「デジタルでお絵かきしてみたい!」という方向けにオススメのペンタブレットを紹介します。

実際に最近ペンタブを買った自分がオススメするペンタブと購入の際の注意点を述べていきます。

購入前にとても大事なこと1

ここがもはやこの記事のメインになるレベルで伝えておきたい点があります。それは

「高いお金を払ってペンタブを買って実際にどれだけ絵を描くの?ちゃんと使うの?」という点です。

当たり前のことのように思えるかもしれませんがこれがかなーり大事です。
なぜなら、既に値段をいろいろ調べて知っている方もいるかもしれませんがペンタブを買おうと思うとかなり高くつきます

まず、ペンタブには液タブ(液晶タブレット)と板タブというものがあります。
ご存じかと思いますが、液タブは液晶を見ながら液晶に絵を描き、板タブはモニターなどの画面をみながら手元のタブレットに絵を描きます

有名な絵師の方やプロの方たちは液タブを使うことが多いのですが、こういった方たちが使っているような液タブを買おうとなると普通に数十万の桁までいきます。

普通の液タブでもまともなものは当たり前に3万円を超えたりします。

そのため、「このコストに見合うほど絵を描くのか?」というのはとても大事な点になります。

購入前に大事なこと2

そして、実際にペンタブを買ってお絵かきを買った人にありがちなのが「すぐ飽きるor挫折して使わなくなる」という点です。

これは実際に僕も経験したのですが、買う前は「よし、絵を描くぞ!」と意気込んでたのに意外とデジタルで絵を描くことが難しいとわかって挫折したり、ちょっと絵を描いたら満足してもう絵を描かなくなるというのはザラにある話です。

こういった時に3万も4万もするペンタブを買ってしまったらもったいないことこの上ないです。

そのため、初めてペンタブを買う人はとりあえず入門的なペンタブを買うことを強く勧めます
(「絶対に絵を描きまくるから大丈夫!」という鋼の意思がある方は最初からハイクオリティのペンタブを買ってもいいかもしれません。)

One by Wacom

そして実際に自分が初めて買ったペンタブはこちらの「One by Wacom」という板タブでした。
お値段は6000円しないくらいで購入しました。

これは全ペンタブの中の最安値レベルです。
(そのため、この値段以下の中華タブなどは絶対に買わない方がいいと思います。ハッキリ言ってまともに使えません。)

上の方で述べた通り、僕も「ある程度描きたい絵を描いたからもういいや」という現象に陥りました。

そんなときに本気で思ったのはこのレベルのペンタブでよかったということです。

一方で、肝心なのはまともに使えるの?という点だと思います。

これに関しては、個人的には大満足でした。

これまでハイレベルのペンタブを使ったことがある!という方には機能性に物足りない点を感じるかもしれませんがそもそもそんな人はこういうペンタブは買いませんよね。

これからペンタブでお絵かきを始めるという方にとってはとても満足できると思います。

さらに嬉しいのがお絵かきに必要な「お絵かき用ソフト」の利用権が付属で購入特典としてついているという点です。

これは「CLIP STUDIO (通称クリスタ)」というソフトの簡易版?のようなものになっていて、名称としては
「CLIP STUDIO DEBUT」というものです。

これは簡易版のようなものなのですがはっきり言って通常版と大差ありません
これから絵を描き始めようという方が使いたいような機能は基本的に全部そろっています。

これらの点から、初めてペンタブを買うという方にはこの「One by Wacom」をオススメしたいと思います。

良くないと思った点

このペンタブもあくまで入門用のものなのでそこまでハイレベルの性能はありません。

唯一良くなかった点としては、付属のペンの先が割と簡単に潰れるという点です。

これは自分が実際に使っていたものなのですが、ペン先が斜めに削れていることがわかると思います。

自分は少し筆圧が強い方なのでそういった方は注意して使わないと少ない使用回数でこのようにペン先が潰れてしまう可能性があります。

さらにこのようになってしまうと、付属のペンだけを単体売りなどはしていないため、交換するために購入することなどはできません。
その際は新しい板タブごと交換しなくてはいけなくなってしまいます。

そのため、シャシャッと勢いよくペンを走らせるときなどは筆圧の強い方は気を付けましょう。

終わりに

ここまで見てくださってありがとうございました。

これから絵を描き始める方は自分がどれだけ絵を描くかなどをじっくり考えてどのペンタブを買うかを考えることをオススメします。

この記事が少しでも購入の際の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です